二次元である壁や床に立体感のある三次元的な世界を表現してその効果を楽しむ従来のだまし絵・3Dアートが進化したものです。当公園では、3Dアート作家・服部正志氏による作品を展示しています。CGによる表現は現代人の感覚にフィットしておりスケール感・臨場感をより存分に満喫できる新しい表現です。友人と面白いポーズを競ったり、家族で撮ったりと従来の絵画展とは全く違った楽しみ方が出来るトリック3Dアート作品の数々をごゆっくりお楽しみください。

トリック3Dアートは普通の絵じゃないから、楽しみ方も普通の絵とはチョット変わっています。そんなトリック3Dアートの楽しみ方のコツを紹介します。

  1. みんなでワイワイ!!
    不思議な体験なんだから、声に出して楽しみたいですよね。「お静かに!」なんてヤボなことは言いません!友達や家族と大勢でワイワイと声に出して楽しみましょう!
  2. 絵にさわってみよう!!
    普通の展覧会ではよく「絵にさわらないで!」なんて言われますが、トリック3Dアートは触ってもいいんです!実際に色々触って確かめてみてください!
  3. 写真を撮ってみよう!!
    トリック3Dアートは見るだけではつまらないです!絵と一緒にポーズをとって写真を撮ると、またまた不思議!色々なアイデアで不思議な写真を撮ってみてください!カメラは絶対に忘れないように!!!
    ☆写真を撮るときの注意点☆
    フラッシュは使わないで下さい。反射します。
    カメラポイントが足元にあるので、参考にしてください。

現在白鳥城では、西日本最大級規模で大型3Dアート作品を展示中!毎年春には一部作品入替もしております!

とにかくトリック3Dアートは不思議な感覚が盛りだくさん!まさに魔法がかかったみたいな感覚をたっぷり楽しんで下さい!!

視覚トリック3Dアート
視覚トリック3Dアート
視覚トリック3Dアート
視覚トリック3Dアート
社会福祉法人 愛光社会福祉事業協会
ウェブマガジン旅色に紹介されました
口と足で描く芸術家協会
視覚トリック3Dアート
視覚トリック3Dアート 口と足で描く芸術家協会 社会福祉法人 愛光社会福祉事業協会

ウェブマガジン旅色に紹介されました

↑